【いきいきと暮らすためのちょきん】

6月になりましたね。

しばらく前から6月になるのを楽しみにしていました。
じつは、6/1オープンのジムに事前入会をしていたのです。

さっそく、初日に行ってきましたよ。

ランニングマシンやバイクなどがずらりと壁際に並んでいて、真ん中には筋力トレーニング用のマシンがありました。

軽くストレッチをしてから、筋トレのマシーンへ。

はい、入会の目的は筋量アップです。

いまは、ヨガやコアコンディショニングがメインで、自重以外の負荷をかけることがありません。

でも、その昔は筋トレをやっていました。

コチラ↓は20代の頃の写真です。

ところで、人間は動きますよね。

立つ、座る、歩く、走る、跳ぶ・・・
全ての動作は、筋肉が伸び縮みすることで発揮する力によって行われます。

筋肉が発揮する力が弱ければ、ジャンプしたり走ったりできないし、長い時間歩き続けたり立ち続けたりもできません。
椅子の座り立ちがきつそうな高齢の方もいらっしゃいますよね。
これも、発揮する力が弱くなっているからです。

筋肉の発揮する力は、筋肉の量によって決まります。
筋肉の量が多ければ発揮する力は大きくなり、少なければ力は小さくなります。

筋肉の量を増やすにはどうしたら良いのでしょう?

はい、筋トレです。

私は、20代の頃かなり筋トレをやっていました。
筋肉の量も結構ありました。

じゃぁ、いまさら筋トレしなくてもいいんじゃない?

そう思っちゃいますよね。

実は、筋肉は使わなければ減っていくのです。

使えば増えるけれど、使わなければ減っていく、それが筋肉です。

それに、年を重ねていくと、筋肉の量は少しずつ減って行きます。

今、お買い物に行って、重いものを持って帰るのが辛いとか、長く立ってるのがきついとかだと、もう少し年を重ねると、もっと辛くなったりきつくなったりする可能性があります。

動きたいように動けず、やりたいことがやれなくなってしまうかもしれません。

そうならないためには、今のうちに筋肉の量を増やしておくとよいですよね。

いわゆる「貯筋」です。
(「貯筋」は東京大学名誉教授福永哲夫先生によって商標登録されています。)

お金は使えば減ってしまいますが、筋肉は使うことで増やすことができます。

今も、これから先も、健康でいきいきとした日々を過ごすために、しっかりと貯筋をしたいですね。

ところで、貯筋のための筋トレをするのに、とても大事なことがあります。

なんだと思いますか?

ヒントはコチラ(^^)

答えがわかった方は、是非ご連絡ください(^^)

メルマガ登録はコチラからどうぞ。

メルマガ登録をしていただいた方へ
無料小冊子をプレゼントしています。
ぜひ読んでみてくださいね。

詳しくはコチラ↓↓↓↓↓からどうぞ。

緩めるだけでは動けません!!
動きやすいカラダとキレイな姿勢をがんばらないで手に入れる方法

コンディショニングスタジオKIZUKUでの、コンディショニングのパーソナルセッションおよびセミパーソナルセッションの空き時間は以下の通りです。
☆随時更新します。

10/18(木)13:00× 14:30× 16:00〇 18:00×
10/19(金)13:00× 14:30〇 16:00〇 18:00×

10/23(火)13:00× 14:30× 16:00× 18:00〇
10/24(水)13:00× 14:30〇 16:00〇 18:00×
10/25(木)13:00× 14:30〇 16:00〇 18:00×
10/26(金)13:00× 14:30× 16:00× 18:00〇

10/30(火)13:00× 14:30× 16:00× 18:00〇
10/31(水)13:00× 14:30× 16:00〇 18:00×
11/1(木)13:00〇 14:30〇 16:00〇 18:00×
11/2(金)13:00〇 14:30〇 16:00× 18:00〇

上記以外の曜日や時間をご希望の方は、一度ご連絡ください。
LINE@にお友達登録をしていただくと、当スタジオで利用できるクーポンが付いてきます。

☆  肩や膝・腰などにお悩みがある方には、マンツーマンでのパーソナルセッションがおススメです。パーソナルセッションは、ご希望の時間帯をうかがってから調整します。
     コンディショニングスタジオKIZUKUでのパーソナル
     パーソナルの出張サービス
     おうちをスタジオに!オンラインパーソナル

☆   お問合せはお気軽にどうぞ。

☆   LINEはお友達追加でクーポン券がついてます。

【いきいきと暮らすためのちょきん】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【絶叫してます】 | 動きやすいカラダ・キレイな姿勢になるお手伝い ホリスティックサポートKIZUKU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です