【キレイな姿勢になるためには頑張らないこと】

普段はあまり気にしていないけれど、ふとしたときに気になることはありませんか?

「なんだか、鏡やショーウィンドにうつる姿勢が悪い・・・」

  • 背中が丸くなっている。
  • お腹がぽっこり出ている。
  • 顔が前に出てアゴが上がっている。
  • 胸の位置が思ったよりも下にある。
  • 肩の位置が背中よりも前の方にある。

背中が丸まっていると、なんだか元気がなく見えちゃいます。
できれば、背筋をしゃんとして颯爽と歩きたい。
お腹はすっきりさせたいし、バストもヒップもアップさせておきたい。

でも・・・

いい姿勢になろう!として、胸を張ってみたら腰が痛くなる。
気をつけをしてみても、手の甲が太ももの前にくる。

どうやったらキレイな姿勢になれるの?

キレイな姿勢になるために必要なことは、緩めて伸ばして調えること。

姿勢が悪くなる原因は、カラダの使い方がアンバランスだから。
左右・前後・上下のバランスが崩れてくると姿勢が悪くなるのです。

バランスが崩れるってどういうことでしょう?

ヒトがカラダを動かす時には、筋肉が働きます。
筋肉は、骨を挟んでカラダの前側についているものと後ろについているもの、また右側についているものと左側についているもの、などのように対になっているものがほとんどです。

バランスがとれればヒップアップ!

太ももの前がパンパンで、お尻がだらーん、としていませんか?

そんな時は、太ももの前を緩めてお尻を働きやすくすれば、前と後ろのバランスがとれてくれば、太ももスッキリの美尻になれますよ。

大事なことはコツコツ♪

キレイな姿勢になるためには、カラダのバランスを調えること。
そんなに難しいことはやらなくても大丈夫。
頑張る必要もありません。

ただ、毎日コツコツと続けることが大事です。

KIZUKU Yogaセルフケア講座では、毎日コツコツ続ける方法を知ることができます。

まずは、1day講座を体験してみませんか?

[template id=”8475″]

[template id=”8599″]

[template id=”8332″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください